<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書 1947) | main | いっちばん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ダークナイト

ダークナイト
善と悪、光と闇、相反する属性はどちらも片方だけでは成り立たない。闇があるから光があり、光があるから闇があるということですね。

全編、凄い緊迫感。最後まで緊張してたのか、エンドロールが終わってもまだ心臓がドキドキしてました。そしてこれはバットマンの映画というよりもジョーカーの映画。

ああ、ヒース・レジャー好きだったのに。残念です。
安らかにお眠り下さい。

タイトルは「THE DARK KNIGT」=「闇の騎士」です。
JUGEMテーマ:映画館で観た映画


じょえる * 映画 * 12:53 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:53 * - * - * pookmark

コメント

はじめまして^^

ほんとに、ヒースレジャーさん、残念でした。
安らかに眠って欲しいです。

ダークナイト、すばらしい出来で
自分も心臓がばこんばこん!!!!←
すばらしい映画でした。
Comment by 蝶子 @ 2008/08/15 12:44 AM
はじめまして!
コメントありがとうございます。

ほんと映画終わったときには心臓がもうすぐ止まるのでは、と思いました(笑)

ヒース・レジャー、これから大物俳優として前途洋洋だったのに。何度考えてももったいないし、そして悲しいです。
Comment by じょえる @ 2008/08/15 11:41 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ